イソフラボンイメージ

イソフラボンは女性の味方

イソフラボンには、女性の味方になってくれる効果効能がたくさんあります。
それがなぜかといえば、大豆イソフラボンには女性ホルモンに似たようなはたらきをする成分が含まれていると確認されているからです。
女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、主に卵巣で分泌され、エストロゲン受容体と結びつくことで効能が発揮されます。
イソフラボンはエストロゲンと分子の構成が類似しているため、エストロゲン受容体との結合が可能なのです。
よってエストロゲンと似た効果が得られるのです。

妊娠しやすい体をつくる

イソフラボンは子宮内膜を厚くすることで、受精卵の着床を促し、妊娠しやすい環境を作ります。
また生理周期を整え、定期的な月経が過不足なく訪れるように女性の体をサポートする作用もあります。

更年期障害の予防

発汗や倦怠感・冷え性や認知能力の低下など、様々な症状が現れる更年期障害。
男性に症状が現れる場合もありますが、患者の多くを女性が占めています。
それは更年期障害が、女性ホルモン値、特にエストロゲンの低下によって引き起こされるためです。
女性ホルモンは年齢が上がると共に減少していきますが、強いストレスを受けるなど、加齢以外の要因でも値は下がっていきます。
エストロゲンの減少が起因となるため、中・高年だけでなく、若い女性にも更年期障害の症状が現れることがあるのです。
そこで、エストロゲンと同様の動きをするイソフラボンを摂取することで、少なくなったエストロゲンの作用をサポートすることが出来ます。
ホルモンバランスが整えば、更年期障害の症状緩和や、予防をすることが可能です。

丸みのある体型になる

イソフラボンには、ふっくらと丸みを帯びた、女性的なシルエットを作る効能があります。
具体的にはヒップラインを盛り上げたり、バストアップを促すのです。
バストアップのためには、乳房内にある乳腺を成長させることが重要になります。
乳腺が成長すると、乳腺を保護するために乳房に多くの脂肪が集まります。
この脂肪の多さがバストのサイズを決めるのです。
イソフラボンには乳腺を刺激し、乳腺細胞の増加を促進させる働きがあります。
乳腺細胞が増えることで乳房に脂肪が集められるので、バストのサイズアップが見込めるのです。
ただし、サプリメントでイソフラボンを摂取するとき注意点がありますので適量を摂取しましょう。

Copyright(C) 2010-2016 ダイズでキレイ.com All Rights Reserved.