イソフラボンイメージ

女子力アップにイソフラボン

女子力をアップさせるには、イソフラボンの摂取http://www.kaabee.jp/sapurimennto.htmlが効果的です。
女性らしい魅力を生み出すには、女性ホルモンの適切な分泌が必要になります。
しかし女性ホルモンは加齢を始め、生活習慣の乱れやストレス・睡眠不足など多くの原因で減少してしまいます。
イソフラボンは、この女性ホルモンの一種である「エストロゲンhttp://www.purebreeze.jp/onajihatarakikata.html」と、ほとんど変わらない働きをすることが確認されているのです。

バストアップ

イソフラボンには、女性特有のボディラインを作る作用があります。
ふっくらと柔らかい肌や、丸みのあるヒップなどがそうです。
またバストのサイズアップにもイソフラボンが有効です。
イソフラボンが乳腺の細胞の増殖を促すので、発達した乳腺を包んで保護しようと、バストに多くの脂肪がつくのです。
バストの大きさは脂肪の量で変わってきますから、脂肪を集めることが重要になります。

艶やかな髪

女性ホルモンには体毛を薄くするほか、艶やハリのある良質な髪の毛を多く発育させる働きがあります。
男性ホルモンはこの逆で、体毛を濃くする代わりに頭髪を薄くする作用があります。
ですから女性ホルモンが減少してしまい男性ホルモンの割合が多くなると、髪が薄くなったり質が悪くなったりするのです。
しかし女性ホルモンと同じ役割を担うイソフラボンを摂取すれば、艶やかで美しい髪が豊富に作られます。

精神の安定

イソフラボンには自律神経を整え、精神を落ち着かせる効能があります。
精神が安定することで睡眠の質が良くなり、ストレスを解消させる快眠に繋がるのです。
ストレスがなくなれば女性ホルモン自体の分泌も促進されますし、苛立った態度を人に見せることもなくなります。
心に余裕が出来れば笑顔が生まれます。
自然な笑顔は、接する相手に好印象を与える魅力的な女子力といえるでしょう。
上記の女性ホルモンに類似した働きに加え、イソフラボンには、老化防止の効能も確認されています。
老化の大きな原因になるのは活性酸素です。
活性酸素は細胞を錆びつかせて働きを鈍らせ、体の内外を老化させていきます。
しかしイソフラボンは抗酸化作用の高いポリフェノールの一種であり、体から活性酸素を追い出す効能があるのです。
活性酸素を除去することで若々しい見た目や、体の機能を保たせることが可能です。
また、イソフラボンは骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、骨粗相症の予防にも効果があるとされています。
このように、イソフラボンは女性にとっては必要不可欠な健康食品です。

また、こちらのイソフラボンの解説サイトも参考にご覧ください。

Copyright(C) 2010-2016 ダイズでキレイ.com All Rights Reserved.