イソフラボンイメージ

イソフラボンのメリット

イソフラボンは大豆などに含まれる成分です。
イソフラボンで得られるメリットには、様々なものがあります。

女性らしい体をつくる

丸みを帯びた女性らしい体つきは、エストロゲンを主とした女性ホルモンの働きで作られます。
イソフラボンには、このエストロゲンと似通った分子構造をしているという特徴があるのです。
エストロゲンが効能を発揮するときには、エストロゲン受容体との結合が必要になります。
イソフラボンはエストロゲンと構造が近いため、エストロゲン受容体との結合が可能であり、同様の働きがあると確認されているのです。
女性ホルモンと近い働きをすることで、バストアップの効果http://www.tofu-recipe.com/chest.htmlも望めます。
バストを大きくするには、乳腺を発達させる必要があります。
イソフラボンは乳腺細胞を増やし、バストを大きくすると共にハリも与えます。
またイソフラボンには、老化の原因になる活性酸素を除去する働きもあるため、女性らしい体のラインに加え、若々しい肌を保つ効能も期待できます。

更年期障害の改善

体のほてりや痺れ、焦燥感や倦怠感など、心身が不安定になる更年期障害は、女性ホルモン値の低下により引き起こされます。
女性は歳を取って閉経を迎えることで、女性ホルモン値が急激に降下して、更年期障害になりやすくなります。
しかしストレスや不眠など様々な要因から女性ホルモンの分泌が減少し、若いにもかかわらず更年期障害の症状が現れる人もいます。
女性ホルモンのバランスを整えるためにイソフラボンを摂取しましょう。
女性ホルモン・エストロゲンと近い働きをするイソフラボンを体に取り入れることで、更年期障害の予防や改善が期待できます。

骨粗しょう症の予防

骨の密度が低くなり骨がもろくなる骨粗しょう症も、イソフラボンで予防することが出来ます。
骨は古くなった部分を破骨細胞が壊し、新しい骨が作られることで新陳代謝を行っています。
新陳代謝によって骨からカルシウムが流れ出すスピードに新たな骨の形成が間に合わないと、骨密度が減少して骨粗しょう症になるのです。
このカルシウムの流出を緩和させるのが女性ホルモンの効能です。
摂取したイソフラボンが、本来は女性ホルモンが行う働きを代行することで、骨粗しょう症を予防することが出来るのです。
そのため、中高年の女性にはイソフラボンhttp://kan-ya.jp/koukatokounou.htmlをお勧めしています。

イソフラボンの人気サプリメントhttp://www.rosedonbermuda.com/rank.htmlも参考にしましょう。

Copyright(C) 2010-2016 ダイズでキレイ.com All Rights Reserved.