イソフラボンイメージ

アンチエイジング効果

アンチエイジングとして人気があるイソフラボンですが、老化の大きな原因になるのは、活性酸素です。
活性酸素は強い酸化力のある酸素のことであり、呼吸から得た酸素の中から大よそ2%が活性酸素に変じるとされています。
激しい運動を行うなど、多く酸素を取り込むことで生成が促されます。
元々は体内に侵入した病原菌などを撃退するための有用な成分ですが、過度に蓄積されると、細胞まで酸化させようになります。
酸化して錆びた状態になった細胞は、エネルギーの補充や老廃物の代謝が上手くいかなくなり、徐々に老化していきます。
細胞の酸化は、体内も外見も老化させてしまいます。

しかしイソフラボンは、抗酸化作用のもあるポリフェノールの一種です。
重ねてポリフェノール中でも高い抗酸化作用が認められています。
さらに大豆の胚芽から抽出される大豆イソフラボンは、特に優れた抗酸化作用をもっているとされます。
抗酸化作用により活性酸素が体から取り除かれることで、老化を防ぎ、アンチエイジングを実現させることが出来るのです。
さらにイソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きがあることが確認されています。
これはイソフラボンの分子の構造が、エストロゲンととても近いために起きる現象です。
エストロゲンが効能を発揮するには、エストロゲン受容体との結合が必要になります。
イソフラボンはこのエストロゲン受容体と結びつくことが可能なのです。
ですから女性ホルモンと似た働きが出来るのです。

加齢によって女性ホルモンの分泌http://www.virid.us/bihadanikouka.htmlが減ると、バストやピップのサイズが小さくなり、だんだんと体の凹凸がなくなっていきます。
しかし減少した女性ホルモンのサポートをするイソフラボンを摂取することで、女性らしい丸みのあるボディラインを保つことが出来ます。
女性特有の更年期障害にはイソフラボンといわれるのはこのためだったのです。
ボリュームとハリのあるバスト・ヒップは、女性を若々しく見せるので、これも立派なアンチエイジングといえます。

↓ダイエットにおすすめの人気イソフラボンサプリメントはこちらです
  

Copyright(C) 2010-2016 ダイズでキレイ.com All Rights Reserved.