イソフラボンイメージ

産後の肌荒れはイソフラボン

産後で、肌が荒れていて、イソフラボンが良いと聞いたので、温めて飲んでみました。
すると、肌荒れがよくなったのです。
なので、イソフラボンを多く含む食品を調べてみました。
すると、大豆、納豆、豆腐、きなこ、みそなどの大豆製品。
大豆イソフラボンを食品から摂る場合の上限目安量は、70から75mgまでとされています。
豆腐一丁(300グラム)に約61mg、味噌汁一杯分のみそ(10g)に約5mg、きなこ大さじ1杯(8g)に約21mg含まれています。
平均的な日本人(15歳以上)の大豆イソフラボンの摂取量は1日当たり、18mg(大豆イソフラボンアグリコン換算値)で、過去30年間でほとんど変化がありません。
食品からこれ以上の量を摂っていたケースも実際に少なくないと思いますが、これまでのところ、安全性についてとくに問題となったことはありません。
ですが、注意事項に妊娠中、授乳中の女性、乳幼児、子宮がん、卵巣がん、子宮内膜症、子宮筋腫などがある女性(ホルモンの感受性が高い状態にある女性)は、上乗せしてとらないほうがよいとされていました。
わたしは、授乳中でしたので、それからは、摂取量を気にして、あまり多く摂らないようにしています。
肌荒れがよくなったので、引き続き摂取はしますが、量には気を付けます。
肌荒れが気にならなくなったころ、同時にバストアップhttp://www.indieking.com/basuto.htmlもしたような気がします。
授乳中なので、そのせいもあると思いますが、ちょっと大きくなったような気がした、調べてみたら、バストアップしたという方が私のほかにもたので、気のせいではなかったのかなと思います。
そして、そして、ダイエットにも効果が現れたのです。
こちらも、授乳中だからもあるのだと思いますが、確実に体重も減りました。
調べてみたらやはりこちらも、私のほかにも痩せた方がいたので、とても驚きました。
美容http://www.moderate.jp/wakahada.htmlにいいとは聞いていたので、摂取してみたら、肌荒れは気にならなくなるし、バストアップはするし、体重も減って大満足です。
世界が変わったかのように私も変わり自分自身が一番びっくりしています。
そんなに難しくない、すぐに買える食材で摂取できますし、一日の食事にちょっと取り入れるだけで、だいぶ変わるので、ママ友にも教えました。
ただ、効果がこんなに出るとたくさん摂取したくなるのですが、授乳中なので、抑えてます。
いつまでも若いママでいたいので、これからも摂取量に気を付けて毎日摂取してきます。

Copyright(C) 2010 ダイズでキレイ.com All Rights Reserved.