イソフラボンイメージ

更年期障害とイソフラボン

イソフラボンを摂取することで、更年期障害にありがちな不快を解消することが出来ます。

アンチエイジング

老化の大きな原因と考えられているのは、活性酸素です。
呼吸で体内に取り入れた酸素の内、約2%ほどが、非常に酸化力の強い活性酸素になるとされています。
活性酸素には本来、病原菌やウィルスを攻撃する役割がありますが、過度に生成されると人の体細胞にまで影響を及ぼします。
酸化によって細胞を錆びさせ、代謝を鈍らせることで、細胞を老化させるのです。
肌の細胞が老化すれば、それは直接的なシワやたるみに繋がり、若々しい外見が失われます。
活性酸素による細胞の酸化を防ぐには、抗酸化作用の高いポリフェノールが有効です。
イソフラボンはこのポリフェノールの一種であり、さらにポリフェノールの中でも特に強い抗酸化作用をもっているのです。
活性酸素を除去して細胞の老化を防ぐので、アンチエイジングに効果的といえます。

血流の促進

更年期障害の症状のひとつに「冷え」があります。
イソフラボンは、血中に溶け込んだコレステロールや中性脂肪を減少させます。
またコレステロールの中でも、動脈硬化や血栓の原因になる悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす作用もあるのです。
加えて血小板の凝集を緩和する働きもあるため、二重に血栓の生成を抑制します。
動脈硬化や血栓は、脳梗塞や心筋梗塞にも繋がりますので、イソフラボンによっていくつもの重病を予防できるのです。

育毛や抜け毛対策

イソフラボンの中でも「アグリコン型イソフラボン」は、女性ホルモンであるエストロゲンと似た構造を持っています。
女性ホルモンは体毛を薄くさせますが、艶やハリのある髪の毛を多く発育する作用があります。
男性ホルモンは体毛を濃くさせますが、頭髪を薄くさせます。
女性ホルモンが減少すると相対的に男性ホルモンが多くなるので、髪の質が低下したり、抜け毛が増えるのです。
イソフラボンを摂取して女性ホルモンと同様の働きがなされることで、育毛や抜け出の予防・改善に繋がるのです。

Copyright(C) 2010-2016 ダイズでキレイ.com All Rights Reserved.